プラセンタ注射の方法

プラセンタ注射は、美容だけでなく病気の治療現場にも多く登場しています。プラセンタ注射を行う目的としては、肝臓病の治療や生理不順などといった症状です。肝機能改善のためにプラセンタ注射が使用される場合「ラエンネック」という目的のために使用されます。生理不順の場合は「メルスモン」というものにより、更年期などの治療薬にも入れられます。これらの明らかに健康を害する場合に利用するプラセンタ注射では、健康保険の対象とされ自己負担額が軽減されます。
しかし、美容目的でプラセンタ注射を行う場合自由診療扱いとなります。美容クリニックの担当医などの方針にもよりますが、プラセンタ注射は2アンプルでだいたい900円~3000円程度です。かなり場所によって金額に幅があるので、内容量や効能などに注意して選ぶようにした方がよいでしょう。
プラセンタはもともと治療用として世界各地で利用してきた成分ですが、これが現代になって美容目的に大変効力を発揮するようになったので、一気に知名度が高まりました。プラセンタ注射を行うと、美肌や美白、細胞活性化、口内炎や女性のホルモンにかんする諸症状に効果があります。また自律神経失調症にも効き、アトピー性皮膚炎が改善したという報告もあります。
プラセンタ注射は副作用も少なく肌に優しい成分です。適度に用量を守り、上手に利用してゆくことで、他の方法では得られることのなかった健康で美しい体をつくることができます。